エイワ 消費者金融

公定歩合操作

公定歩合とは、日銀が民間銀行へ資金を貸し出す際の金利のことです。また、公定歩合操作とは、公定歩合を上下させて景気に働きかける、日銀の代表的な金融政策です。一般に、銀行は企業や個人からお金を集めて、その資金を企業や個人に貸し出して収益を上げます。しかし、資金が足りなくなると、日銀から資金を借り入れします。そのため、公定歩合が上がると、企業などに貸し出す際の金利も上げないと、利益が減少してしまいます。したがって、公定歩合が上がると、銀行の貸出金利も上がるわけです。そうなると、企業は銀行から資金を借りるのを躊躇するため、企業活動が収縮します。このように、日銀は公定歩合を引き下げ、企業などの借り手がお金を借りやすくします。企業活動を活発にして景気を良くするためです。

消費者金融

金融政策

バブル崩壊後、何とか景気を上昇させようと日銀は1995年に公定歩合を過去最低の0.5%にしました。しかし、回復の兆しは見えず、更に2001年には三度の利下げを実施し、ついには0.1%となってしまいました。実はこの公定歩合操作は、かつては日銀の伝家の宝刀と呼称されていましたが、徐々にその効果も薄れてきました。その要因は、インターバンク市場の発達により、銀行は市場で資金を集めるようになり、日銀からはあまり借りなくなったからです。したがって公定歩合が上がろうが下がろうが関係なくなってしまいました。また、すでに1%以下という超低金利時代が長期にわたって継続しているため、今後更なる公定歩合の引き下げを実行しても、大きな効果は期待できなくなっています。そのため、ゼロ金利政策や量的緩和政策など、日銀による他の金融政策のほうに期待がかかっています。
/body>