エイワ 消費者金融

日銀ネットの仕組み

日銀の目的の一つとして、資金決済の円滑の確保を図り、信用秩序の維持に資することがあります。決済が正確、短時間で完了することが金融システムの最低限の条件であることは論を俟ちません。決済への信頼感がなければ金融が成り立たなくなってしまいます。日銀は「銀行の銀行」という立場から決済業務の最終部分を担っています。大量の資金を円滑に決済するため各金融機関の受け払いを相殺して一括決済する集中決済制度が設置されています。国内では、企業や個人が金融機関に依頼した振り込みを処理する「内国為替制度」、海外からの円資金振り込み依頼や外国為替売買の円資金での決済を処理する「外国為替円決済制度」、企業などが振り出した手形や小切手を金融機関同士で交換、差額決済する「手形交換制度」などがあります。

消費者金融

内国為替制度

内国為替制度は東京銀行協会に設置された内国為替運営機構が運営しています。全銀システムと呼称される仕組みでデータを処理し、各金融機関の受け払いの差額を日銀当座預金で決済されます。外国為替円決済制度、手形交換制度もほぼ同様で、それぞれの制度内での受け払い差額を日銀当座預金で決済されます。各制度はそれぞれ日銀当座預金とネットで結ばれており、このコンピューターネットワークを「日銀ネット」と呼称されています。