エイワ 消費者金融

闇金融の見分け方

 ヤミ金融とはその名のとおり、都道府県に貸金業登録をしていない業者を指しますが、中には貸金業登録をしながら出資法違反である上限金利を上回る金利をとっている業者も存在します。貸金業登録をすると三年毎に更新が必要ですが、その度に登録番号の最初の桁が増えていきます。一度も更新をしていない三年未満の業者の登録番号は@ということです。したがって、ヤミ金業者の大部分はこの登録番号が@になっていることに注目して下さい。彼らはスポーツ新聞や夕刊紙、あるいは新聞の折込広告や雑誌などに広告を掲載しています。最近では都内のみでなく全国各地に存在する多重債務者自己破産者にDMを発送して融資の勧誘活動をしています。彼らは多重債務者の名簿を不正に入手しているのです。

消費者金融

紹介屋、買取屋の手口

ヤミ金融の怖いところは、毎月の支払いが少しでも遅延すると猛烈な取り立てが待っているということです。一昔のような酷い取り立てはないものの、電話や電報による脅迫的な取り立てをしてきます。ガラの悪い取り立て屋が自宅や勤務先に訪れるだけでも、かなりのダメージになります。また、ヤミ金融の中でも自らは一切融資を行わないで多重債務者を食い物にする「買取屋」「紹介屋」などの偽金融業者も存在しますので注意が必要です。彼らは自分では一切融資を行わないで他の金融会社を紹介するだけで高額な紹介料をピンハネする業者です。多重債務者の多くは返済を怠れば金融会社からの厳しい督促・取り立てを受けますので、借金返済のために借金するという自転車操業をするのが常です。表面的には毎月の返済を履行しているため、信用情報機関には事故情報が登録されず、新たな借金をすることが可能な状態となっています。したがって多重債務者が新規の借金をすることが出来たのは、何も紹介屋のおかげでも何でもないにもかかわらず、紹介屋に騙されて紹介料を支払っているということです。